タッチタイピングは出来たほうがいいかもしれない

PC使いまくり

ビルメン現場でも報告書や日報はPCになって久しいですね。お客さんにデータも送らないといけないですし、PC作業はどの現場に行こうが必ずあります。

で、基本的なPCスキルっていうかタッチタイピング。あれは出来たほうがいいですね。職場のPCがどんな型であってもタイプが遅いのと速いのとでは全然効率が違いますから。

わたしも当初、「ポチ…ポチ…」って感じだったんですけど2000年代初めに「これからはパソコン使えんとアカンやで」って思ってコンビニで売ってた「特打」っていうソフト買って練習しました。

これ↑今はダウンロード販売もあるからすぐ手に入れられますね。

安いノートパソコン買ってインストールしてひたすらやってましたね。

そしたら一週間くらいでキーの位置というかホームポジションが分かってタッチタイピングモドキくらいは出来るようになりました。

モドキ、って言うのは数字が打てないんですね。あとは記号。シフト押しながらのやつが出来ない。だからモドキです。

一旦覚えると体に染み込むので忘れないですから是非覚えてみて下さい。ホームポジションさえ覚えたら楽勝です。

現場で「おお、見ないで打ってる!」ってのが結構多かったので打てたら入りたての現場でもジジイたち相手にイニシアチブを取れるかも。

「スカシやがって!」ってイジメられるかもしれませんが^^;

そういう現場に配属されないようにお祈りしときますね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする