差別も区別もどうでもいいです

いっこ前の記事で「女性ばかりの職場で若い女性に無視された」と書きました。

私の顔が気に入らないとか、雰囲気が悪いとか私自身には分かりかねるような理由だったと思います。

本人たちにもよく分からなかったんじゃないかな。

何故なら1日目から無視されていたからです。

その後イケメンの後輩が入ってきました

若い女性は二人組で私よりは年下でした。

蛇蝎のようなすごい嫌われようだったので話もうっかり出来ませんでした。

2年位して若い女性二人のうち1人が転勤になり、新入社員で新しい若い男性が入ってきました。

結構良い感じの男性で、女性からモテるだろうなという感じでした。

私も彼と仲良くなれてやっと休み時間なんかも普通に休めるようになりました。それまでは昼休みは建物の外に出て時間を潰したり、昼休みも仕事をしていました。

彼のイケメン度が結構高かったのでしょう。彼の為に歓迎会をやることになったようです。

驚いたのは転勤した筈の女性もやってきてその会に参加したようです(私は後に彼から話を聞いた)。

苦笑と言うか、こうも差があるのかと思って今でも笑ってしまいます。

かたや着任した早々から無視。かたや居酒屋で歓迎会。

こんなもんだな、と言う感じです。

人は見た目が9割という本がベストセラーになりました。

わたしは見た目で扱いに差がありました。

だけど良いんです。当然です。

私だって見た目で判断しています。他人をどうたら言う事は出来ません。

これを差別だとかいうつもりはないんです。顔が悪いだけで不当な扱いを受けた、何が悪いのでしょう。

お金が無いのとそんなに変わらない事象です。怒るのは筋違いです。

辛かったのは本当だが勉強になった

数年続いた無視の為に心が脆くなってしまったのでしょう。その後その仕事は辞めてしまいました。

ただ差別だ区別だと騒ぐ気持ちは完全に消失しました(もともとそんなに存在しませんでしたが)。

見た目があまり良くない場合そんなものは当然ですし、今では仕事をやって普通にお金が稼げればいいだけだな、それが人生だなと考えています。

だから誰かに不当な扱いを受けて、その場では腹が立ちますがすぐに忘れるクセが付きました。

見た目が悪い場合、特に女性にはウケは悪いです。

なので資格を取って人から離れる事にしました。

ビルメン業界は会社にも依りますが顔はそんなに重視しないでしょう。見ているのは資格と履歴です。

皆さんも今現在働いている職場で「この扱いは不当だな。」と考えていらっしゃるかもしれません。

不当な扱いをしている相手からは離れましょう。私はそういう風に決めてから結構な時間が掛かりました。

相手に何を言っても無駄です。待遇が変わったり、あなたのコミュ能力が劇的に良くなったりはしません。

ですから資格を取りましょう。

コネやカネなどの背景が無い人間が持っている資格次第で身勝手にやれる可能性があります。

私はもう人間関係で悩む事は止めました。最低限度の気は使いつつ、適当にやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする