初めて就職した先が大規模病院な人は幸いです

子供のころ、食事の時に嫌いなものを最初に食べておく派でしたか?

年齢とか関係なしに大人でも子どもでも嫌なものは嫌ですよね。

嫌いな食べ物は大体攻略できているであろうとビルメンのおっさんが嫌なもの。

それは

「面倒くさい現場」

です。

実は管理人も最初は病院だった

ものすごい数のベッドがある大規模病院でした。

病院は一般の建物で今は無くなったような設備、ボイラーや冷凍機が普通に現役で動いています。

そういう機械の取り扱い、病院特有の簡単な営繕や看護師さんとの関係、あと大規模な施設で古い箇所があれば漏水などもあります。

建物に大雨が降った時に水に浸かる箇所があって夜中備え付けのポンプを動かさないといけないんですが、仮眠なのに熟睡してしまっていて先輩に怒られた事もありました。

自動化しておいてくれよって思いましたね^^;

とにかく「大規模病院の防災センターは大変だな」という事が分かりました。

あと全体的に不衛生っぽい作業が多いですね病院は。そういう事への耐性も身につきますよ。たとえ潔癖であっても仕事ですから当然やらなくてはいけませんので…。

職場の選び方が分かるのはありがたい

経験としてカウントされるのは勿論、行ってはいけない現場が分かるのもありがたいですね。

近所で病院のビルメン募集をよく見ていて下さい。しょっちゅう求人が出たり消えたりしている筈です。

つまりそういう事ですね(笑) 必ず早期に離職しているんです。

早期離職が繰り返されるということは残ってるビルメンは曲者ぞろいです。

そういえばその当時に設備員ではないですが、警備員が髪をリーゼントにしていましたね(笑)

いいのか?と思いましたが人手が少ないので黙認しているのでしょう。

いくつか会社を変わる間に行きたくない現場が分かってきます。

最初に嫌な現場に行っても落胆しないで1年くらい勤めて退職し経験にカウント出来る状態にしておきましょう。

いつも書いていますがビルメンは転職上等ですからね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする