鉄道系列のビルメン会社を比べてみた

ハローワークに行ってきました。認定日までに数回行っておかないと雇用保険の支給対象になりませんので…(´・ω・`)

地方ですが検索機では全国の求人票をチェック出来ます。そこで検索機で出てきた鉄道系列の求人票を出力してきました。

見づらいですが

まずはJR東日本ビルテック

img_20161120_004953

ほぼ日勤の勤務、求人数が多くひょっとしたら採用してもらえる率、超安心のJRブランド、そして画像では確認出来ませんが住居の提供もあります。

これ以上の条件は底辺職と呼ばれるビルメンでは求めがたいのではないでしょうか。

たまに自社ビル管理の独立系がボーナス6ヶ月なんかで募集をしていたりしますが独立系は社長が代替わりでもすればどうなるか分からない、つまり不安定です。

やはり安定の大企業系列がいいですね。ブランドが好きとかでなくとにかく安心が欲しいものです。

しかし採用数10人と記載されていますが通年採用であり実際に採用される人のレベルは非常に高いものになっていると思われます。

他の会社で修行を積み、資格も揃えて挑戦するのが良いかなと思われます。

次に京王設備サービス。よく募集がかかっています。

img_20161120_004857

わたしは京王グループに割といい印象しかないのでちょっと評価が甘くなりがちなのですがかなり良い条件だと思います。

やっぱり画像では確認できないのですが住居の提供もあるようです。「空きがあれば利用可。ご相談ください。」とのことで実家が都内近郊でない場合に助かりますね。

マイナス面を見つけようとしても見つけづらいですがあえて見つけると残業が多めな事と年間休日数が107日な所くらいでしょうか。特に残業は毎月30時間だとちょっと辛い時もあると思います。

しかし残業代が支払われないなどという事など無いでしょうから安心して働けますね。

JR東日本ビルテックと比べると入社しやすいでしょうし、研修も準備されていますのでポリテク卒時に受けてみるのもいいかもしれないですね。

最後に相鉄企業

img_20161120_004928

パッと見の内容は前の2件とそんなに変わりませんが基本給が13万円であったり年間休日数が104日であったり少し見劣りする所もあります。

ボーナスが4.5ヶ月であっても13万円に乗じるとそんなに高くなりません。残業も平均30時間と多めです。

京王設備サービスと相鉄企業では京王設備サービスに軍配が上がりますね。入社難度はそんなに変わらないと考えられますので受けるなら京王設備サービスでしょう。

それと相鉄企業には入居できる住宅もありません。地方から出てきたならこれはかなりのマイナス要因ですね。

長く働くなら鉄道系列

募集をよく掛けている3社の求人票でしたが同じ系列でも待遇に差がありますね。

一番待遇が良くない相鉄企業でも長く働くには良い環境だと思います。

定年まで腰を据えて働こうと考えられているのであれば間違いなく鉄道系列を選択肢に入れるべきですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする