同じレベルの資格持ちなら都会の方が就職しやすい

基本4点セットも取得した、さあ就活だってなった時に思ったより上手くいかないという事があるなら、あなたの住んでいる所は地方だと思います。

何故なら都心ならまずそういう事はないからです。

求人サイトで分かる 求められるレベル

例えば設備管理の求人を主に取り扱っているサイトで有名なものに「ビルメン転職ナビ」があります。

求人エリアが東日本、中日本、西日本と分かれています。この中で一番就職しやすいのは「東日本」です。

同じ資格とキャリアでも待遇が全然違います。

例えばこの日にたまたまあった「CSPビルアンドサービス株式会社」の求人です。

2016-10-02_10h24_29

(画像はクリックで拡大できます)

経験は必須ですが電工2種があればいきなり責任者です。おまけに勤務的にはほぼ日勤です。

この求人は責任者という立場なのでストレスがあると思いますがもしストレスフリーな職場を探そうと思ったら同じくらいの条件でいくらでも探せます。

西日本ではどうでしょうか?「パナソニックESファシリティマネジメント」の求人です。

2016-10-02_10h28_59

(画像はクリックで拡大できます)

勤務こそ日勤ですが、ビル管が必須です。給与は殆ど変わりません。経験も3年必須になっています。

ビル管は電験よりは取りやすいと言われていますが難関の資格です。

如何でしょうか?東日本と西日本でもこれだけ差があります。他の地方は言わずもがなです。

思い切って都心(都会)に出れば仕事が選べるかも

一番近い都会に出てみるのが良いですね。そうすればビルメンの仕事に就けてキャリアが積めます。

流石に完全に未経験ですと採用を躊躇されてしまいますので訓練校を出て都会に行くのもいいですし、引越し先で訓練校の入校を決めておいて安いマンスリーマンションに入るのもいいと思います。

ある程度の規模の都市でないと仕事が無いのがビルメンの弱点ですが思い切って都会に出て一生仕事に困らない環境に自分を合わせるのもアリです。

キャリアを数年積んで資格も揃えて地元のビルメンに収まるのもいいですね。

食いっぱぐれないように働く場所を考えて行動していくのが良いと思います。


東京で働くために仕事と住まいを同時に探せるサービスができました。

興味のある方はどうぞ↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする