ビルメンの入社面接

上位の会社について

上位の会社は系列系でしょう。

系列系にも色々あります。鉄道、電力、不動産…。

この中で注意しなければいけないのは不動産です。

不動産という仕事は「高い手数料を頂くために顧客を如何にゴニョゴニョするか」と言う業種です。

ちょっと偏見だろ、と言われる方も居るかもしれませんが面接を受けまくっていた時に比較で感じた事です。

つまりは普通の現場の人ではないわけです。ずっとスーツを着て営業してきた人が子会社であるビルメン会社に出向のような感じで来ている場合もあります。

というか、ホント不動産系は概して意地悪な面接官が多かったですね。設備員として入れた会社もありますがとにかく仕事は厳しいです。

消防訓練などはすごく力を入れてきます。親会社にアピール出来ることがないからかもしれませんが…。

その点上位の会社でも現場系(鉄道や電力)は面接は優しかったです。「あなたは資格が足りないけど頑張るんだったらウチに来るかい?」と言ってくれた会社もありました。

上位の会社で不動産系を受ける時は注意してください。面接も軽く圧迫してきます。

中位から下位の会社

ビルメンランキングにも乗っていないような独立系の小さな会社(売上50億以下)の会社ではモノを言うのは資格と経験です。

自分がどれだけ現場対応出来るかをアピールしておきましょう。嘘でもいいです。

どうせやり方は責任者によって微妙に変わってくるのです。だから現場に入ったらイチからやり直しです。

「ビルメンは前の所でもやってましたけど、ここのやり方に合わせます(ニッコリ」

というのが古参の人を刺激しない賢いやり方です。変に自分のやり方に固執するのはやめましょう。

面接してくれる人事の人は設備の仕事が分からない人が大半ですので上記の事と「真面目」をアピールすれば他に強力な資格を持っている人が対抗馬で無ければ合格します。

必要なことは聞いておこう

受かって雇用契約書を書く時点で色々聞くのもアレなので、面接の時点で色々聞いておきましょう。

給与、シフトのやり方、夜勤手当のこと、

現場の人間の平均年齢、責任者はどんな人間か、

現場の人間は足りているのか、警備員や清掃は別会社か、

受電電圧はいくらか、設備はどんなものがあるのか

…結構聞くことがあります。

そして時間があれば現場を見学したいと申し出ておきましょう。

人事の人は現場なんて1年に一度くらいしかいかないので防災センターの事はよく知らないはずです。伝聞では分かりません。

現場の設備はともかく仮眠室や休憩場所などを見せてもらいましょう。ここが汚かったら勤労意欲が下がりまくりです。

出来ることは何でもやっておきましょう。すぐ退職するのも色々面倒くさいですからね。

面接まとめ

4点取っておけば大体合格です。あとは真面目さアピールのみで、それで落ちたら次です。

ビルメン会社なんてどこも人手不足なので受けていたらそのうち受かります。

慎重になる必要なんてありません。どんどん受けて受かって働いて現場の経験を積んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする