【東京埼玉限定】若い人はビル管理科に行かず空調科に行こう

東京 埼玉の若い人は訓練校で空調システムを学ぼう

絶対に役に立ちます

ビルメンになろうと決めるにはある程度都会じゃないとなかなか踏み出せないと思います。建物あっての仕事ですからね。

そして訓練校に行ってみるか、となると思うのですがちょっと待って下さい。東京埼玉のあなたはイキナリビル管理科に行く必要はありません。

埼玉は30歳未満という条件がありますが東京はありません。是非「空調システム科」を選んでください。絶対に損はしません。

何故空調科なのか

はい。理由を説明します。

ビル管理科には、いつでも行けます。50歳でも行けます。でも空調システム科は早いほうがいいんですね。

ビル管理科よりも実践的な事を教わることになるので早いほうがいいんです。

空調システム科というのはエアコンの設置や修理、業務用冷蔵冷凍庫の修理などを教わる所です。

実はこれらの空調機械の修理の仕事は結構お金がいいんです。ご存知の通り、ビルメンは超薄給です。

薄給でも色々と諦めれば全然問題はありません。しかし若い方だとそうは行かないと思うんです。

ちょっと調べただけでもコンビニの冷蔵冷凍庫修理の仕事が年収500万くらいで見つかります。行けるのであれば最初に空調システム科を選ぶべきです。

空調システム科は何するところか

実践的にエアコンなどの設置修理を学べます。あとこれが重要なのですがシーケンス図が読めるようになります。

ビル管理科でも習いますが、実践的では無いはずです。実際に修理するわけではありませんから。

エアコンや冷凍庫を修理するにはシーケンス図を読めなければいけないので空調システム科では絶対に読めるようになるまで教わります。

そしてシーケンス図が読める、エアコンの修理が出来るというのはビルメンの仕事になっても必ず役に立ちます。

ですからツブシが効くという訳です。空調システム科を卒業してビルメンになることは出来ますが、ビル管理科を出て空調屋さんにはなれません。

空調を専門に学べば、卒業時にビルメンか空調機屋さんかを選べばいいだけです。

選択肢を多くしよう

埼玉では上尾にある訓練校、東京では赤羽でやっています。東京は1年、年齢制限無しです。

入学時30歳以下と限定されている埼玉では期間が2年とあってかなり濃い事を学べるようです。

わたしの様なジジイならこのような機会はありません。若い方限定です。

若いうちから何も無理してビルメンになる必要はありません。後からいくらでもなれます。

出来ればバッチリ稼げる仕事に就いて諦めない生き方を選びましょう。人生は一回きりなのですから…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しの刺客さん より:

    今年27で北関東在住のニートです。
    数学は中学すら怪しい自分ですが、空調管理を勉強する事って可能でしょうか?

    • biruman より:

      >名無しの刺客さん
      コメントありがとうございます。

      訓練校ではいろんなレベルの方が集まるので算数から始めることになると思います。
      ですので気にする必要はありません。

      どうしても心配であれば事前に本屋で中学レベルの数学の本を買って
      問題をやってみるのがいいと思います。
      まずは自分のレベルが分かれば対応なんて後から考えて十分間に合います。
      それが若さの特権です。

      四則演算が出来れば空調管理だろうとビルメンだろうと出来ます。
      ただ空調管理科を出ても修理の仕事に就こうと思ったなら車の免許が必要になります。
      ビルメンになるのであれば関係ありませんが…。
      もし車の免許をお持ちでないならば訓練校を出た後ビルメンのバイトをして
      お金を稼ぐのもいいかもしれないですね。

      そんな訳でまずは近所のハロワで訓練校の案内を貰ってきましょう。
      善は急げです。