【2016年版】 最新 ビルメンランキング 旧版偏差値48から最後まで

偏差値17w

ランキングの最後に控えている日本ビルメンテナンスですが、偏差値が17です。これ完全に私怨ですよねw

もしこの会社の現場が酷かったとしても、ビルメンの現場は他に沢山酷い会社あるのにここだけ突出してるってのは有り得ません。コピペが広がる間に誰かが私怨で紛れ込ませてそのまま広まったのでしょう。

そういう事を修正していく事で新ランキング作りの意味が出てくると思います。いくつか内情を知っている会社もありますが単純に売上高、求人の多さ入社のしやすさで並べて行こうと考えています。

会社の数が多いので記事はかなり長くなりますがこれで旧ランキング検証は最後です。

2016-09-20_21h55_50

2016-09-20_21h56_28

2016-09-20_21h56_42

2016-09-20_21h56_57

ちょっと画像がガタガタになってしまいすいません。トリミングの都合です。

偏差値48の会社

大成:名証2部上場会社。設備管理もやっているが清掃の比率が多い。この記事を書いている時点で設備員の求人をしているが電験3種必須で20万円と強気。

売上高は約200億。結構な勢いで純益が上下しているのが少し気になる。

丸誠(現高砂丸誠エンジニアリングサービス):2014年に高砂熱化学工業の100%子会社になり高砂エンジニアリングサービスと合併、現社名になる。売上高208億。

2016-09-23_16h39_26

HP上に載っている管理物件は有名な建物ばかり。

HPの中に採用専用ページが有り、中途採用は通年行っているようだ。待遇は不明だが今は独立系はどこも厳しいので一般ビルメンの給与(280万~350万程度)だと思われる。あまり期待しないほうが良いだろう。

三幸:売上高約120億(HPより)。HPの採用情報を見る限り採用者の年齢の幅は広く40代でも50代でも良いようだ。「設備警備」という職種がありその職種は警備員も兼ねている可能性あり。病院やホテルの現場が多いようだ。

ベルックス:札幌に本社がある。東洋実業と同じで何故ランキングされているか分からない。コピペが出回る間に北海道出身の人がそっと忍ばせたのかもしれない。HPに売上高が記載されていないので規模が分からず、新ランキングでは削除予定。

偏差値46の会社

ビケンテクノ:東証2部上場。売上高約330億、純益10億。売上も利益も順調に伸びている独立系とはいえ規模が大きな会社でありこんなに下位のランクはおかしい。

関東では物流センターの設備管理を受注していてビルメン転職ナビで募集をしている。未経験でも良いとの事である。

シービーエス:独立系だが2chでは八興やアイングと並ぶ有名な会社。面接一回で入社可。資格は基本4点のうち2つを持っていれば良いようだ。

東京ビジネスサービス:従業員4500名と大所帯だが清掃の会社だろうと思われる。独立系としてこの位置が妥当だろう。

東京美装興業:売上高440億とかなり大きな規模の会社。ただ巷で有名ではあるが設備員の給与は会社の規模に対して非常に安い。給与だけなら大林Fや関電Fの方が圧倒的に良い。

訓練校を出て最初に入社するにはちょうど良いかもしれない。ハロワでの求人は最近は契約社員スタートの事が多い。

偏差値44の会社

第一建築サービス(現ダイケンビルサービス):清掃警備設備と業務を幅広くやっている独立系の会社。売上高180億、純益4億。

都内でよく募集をしている。ハロワの求人では「賞与 あり」になっているが大体の独立系がそうであるように実際は寸志程度だと思われる。設備員の入社はしやすいと予想される。

千代田ビル管財:売上高50億、純益3億。中小独立系。主になっているのは清掃と警備なので新ランキングからは外れると思う。

互光建物管理:大阪の会社で東京などには進出していない模様。関東以外のこの規模の会社をランキングに入れるとキリが無くなる気がするが…北海道の会社と同じで誰かが忍ばせたと思われる。

新生ビルテクノ:売上高120億、純益1億。中途採用数が年間100数十人と多い。設備管理の割合も60と高いので採用してもらいやすい筈である。

偏差値42の会社

ビル代行(現グローブシップ):2015年に日本ビルサービスと合併し現社名。ビル代行時代はハロワによく求人が出ていた。

合併しただけあって売上高は910億と多い。ビル代行時代はかなり給与がよく人が辞めなかったそうだが今は…。

グローブシップは結構募集があり基本4点のみで入社可能だと思われる。独立系なので給与はそれなり。

平和管財:みずほ銀行の関連会社。売上高不明。みずほの関連会社であるヒューリックの建物管理を行っている会社。都内でたまに求人が出ている。ここもビルメンランキングに何故入っているのか謎な会社。

朝日ビルメンテナンス:福岡の会社。何故ビルメンランキングにh(ry。地方独立系の見本の様な会社。福岡のハローワークによく求人がある。

ケイミックス:売上高約140億(HPより)。中堅下位といった所か。HPのサイドバーにあるビルメンテナンス求人情報が404だったり採用はあまり期待出来ない。そもそも求人もない。

偏差値40、38、17の会社

日本管財:売上高900億、純益40億の大きな会社。東証一部上場会社の中で最も平均給与が安い会社。しかしそれは独立系ビルメン会社なのでしょうがない。

この会社の規模でこの位置であるというのは多分私怨でここに置かれたと思われる。設備員の給与が安い事を考えても偏差値60後半の位置が妥当と思われる。

テスコ:売上高等不明。ゴミ焼却場や水道施設も管理を受注している。ハロワに求人があるが待遇などは独立系ビルメン平均。

オーチュー:都内でよくハロワ求人を出している。待遇は独立系平均。予想でしか無いが単体受注でなくどこかの会社の下に入っていると思われる。

太平ビルサービス:正社員でも日給制で募集をしている。経験を積むには最適な会社だが現場の雰囲気は…。2chなどネット掲示板や個人ブログでも「誰でも入れる」と有名。

売上高は脅威の600億。入りやすく辞めやすい会社の代表だがこの数字は以外。

日本ビルメンテナンス:2014年からアルソックグループ。関東で募集をしているようだ。電工があり、経験者だと面接して貰える。多分個人の私怨で偏差値17にされた気の毒な会社。

偏差値48~の会社 まとめ

長々と10記事くらいに渡りましたが正直意味があまりなかった様な気がします。

けれどももう15年くらいあるであろうビルメンランキングを新しくするには旧版にランキングされている会社を洗い直さないと納得して貰えないかな、と勝手に思ったので全部書き出しました。

新しいビルメンランキング作っても浸透しないだろうなーとは思います。2chのビルメンスレに新しいランキングだよ、って貼ったほうが全然早く浸透するでしょうね。

ともあれ暇つぶしになりました。もし見ていただいた方がいらっしゃったらありがとうございます。お疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする