あるビルメンの一日

当直勤務のあるビルメンの一日

簡単にこんなもんなんだ、という感じで紹介していきます。2万平米くらいのあまり大きくないビルを想定しています。当直要員2人で所長が1人日勤で勤務しています。

8:20 始業は9時だが早めに到着してタイムカードを押す。

8:45 着替えて集合したあと防災センターで前の日の申し送りを受ける。

   本日の作業の確認をする。

9:00 各種空調が動いているかモニターでチェック。

9:30 業者さんがぼつぼつ入館してくる。作業の立会いがあることもあるが殆どはお任せ。

   作業日報を渡して、時にはブレーカーを切ったりなど必要な安全処置をする。

10:00 申し送りノートなどを整理したり、オーナーさんチェック済みの日報を綴じる。

    やることがない場合は「設備と管理」を読んだりして時間を潰す。

11:30 2人当直なので所長と交代しながらお昼に入る。

13:30 お昼作業開始。モニターを見ながら日常監視。

14:00 お客さんのオフィスから天井の蛍光灯の切れたので交換してくれという

    電話があったので交換しに行く。40Wの蛍光灯と脚立を持って10分程度の作業。

17:00 監視モニターでひたすら監視。業者さんが帰り始める。

    所長も「あと宜しく」と言って帰る。

17:30 当直2人で交代で夜の休憩を取る。本当は1時間なのだが警報が出たなどの

    異常がなければ2時間ずつくらい取ることもある。

22:30 交代でシャワーを浴びる。空調が切れているのを確認。ボイラーを停止する。

24:00 警備員さんに声掛けして設備の当直は仮眠に入る。

    仮眠と言っても警報が無ければ 朝までグッスリ眠る。

5:30 起床して一人はモニター監視。一人はボイラーの点火に向かう。

   水の残留塩素測定がある日にはそれも行う。

6:30 交代で朝食を取る。日報を作成しているので最終チェック。

7:50 空調運転チェック。所長が来たので日報をチェックしてもらう。

   問題なければオーナーさんに提出出来るように当直が押印する。

8:30 設備員はそろそろ集まってきているので朝礼。

   申し送り実施。何もなければ日報を読み上げて終わり。

9:00 前日の当直は帰路につく。お疲れ様でした。

ビルメンの一日まとめ

我ながら何もない…ですねw

作業があったり何かトラブルがある日はけっこう大変なのですが、大体8割くらいはこのような感じで終わっていきます。

トラブルも皆が嫌がるような重いものがありますが、不思議と同じ当直チームに当たります。あれは不思議です。

ちまたで楽だ楽だと言われているビルメンですが…実態はもっと楽だったりします。現場にもよりますが、この例はオフィスビルですね。ホテルや病院だとこうはいきません。駆けずり回っています。

良い現場、すなわち楽な現場を目指して就活しましょう。

追伸:以前似たような「ビルメンの一日」的なエントリがあったことに気が付きました。

   ネタがないもので…^^; すいません。

   記事のクオリティを考えてもうひとつの方は消しました。

   重複するエントリがある時は教えて頂ければありがたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする