夜勤アリの現場では

夜勤の現場と言ってもさまざまな勤務形態があります。

私は当たったことはありませんが完全に眠れない環境で仮眠という概念すらない現場もあるようです。

夕方18時~朝9時まで、などと書いてある場合は仮眠なし、1時間休憩のみという場合が多いのでよく確認しましょう。

眠れない場合はどうしたらいいか

例えば枕が変わったら眠れない、ベッドが変わったら疲れが取れない、シャワーも人が使ったのは嫌だ…など人によって眠れない、疲れが取れない現場環境というのはあります。

その場合は…残念ですが日勤の現場を探すしか無いと思います。

24時間通しの勤務で眠れないなどというのであれば健康を害します。例えば寝袋があれば床で寝ることも出来るくらいの人が夜勤現場にはちょうどいいのです。

また、シャワーがある現場というのも少なかったりします。

夏場に昼間働いて汗をかいてしまい、風呂に入って眠らないと気持ち悪い…。当然の主張ですがビルメンは立場が弱いですから勤務環境が改善される可能性は低いです。

夜勤の現場というのがオススメできない理由は結局上記のことに尽きるのです。とにかく環境が劣悪なので現代っ子の我々にはキツイです。

潔癖の方にも結構キツイ環境です。ビルに勤めればトイレ対応があるのであまり潔癖な人は向いていないのは間違いありませんが、夏場にシャワーくらいは浴びたいですよね。

そういう最低限度のことも整備されていない現場が多いですので粗雑な人間のほうが向いているのです。

ビルメンをやっているおじさんが全てを投げ出してるような人が多いのはそういう訳です。普通の感覚の人だと勤めにくいのです。

普通の感覚を「ヤワだ」と断じてしまえるくらい粗雑な人だと、逆に適性があるということになります。

夜勤の現場なら尚更現場見学をさせてもらうほうがいいですし、なんなら仮眠室を見せてくださいくらい言っていいと思います。

動物は眠れないというのが一番辛いですから、夜勤ありの現場はしっかり吟味していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. これからビルメン より:

    夜勤ありで休日が54日位の求人があったんですがやっぱりブラックですかね。

    • biruman より:

      >これからビルメンさん
      流石にその休日数は…。
      すごく切迫していてどうしてもお金が必要であるとかいう場合以外は選ぶ理由がない気がします。
      大体そういう現場は給与も安いですし…。

      もうちょっと探されるとよいかと思います。

  2. これからビルメン より:

     コメント返信ありがとうございます。あまりに少ない休日数すぎて、逆に何かあるのかなと思ってしまいました。

    • biruman より:

      >これからビルメンさん
      休日数が60日くらいと言うことは年末年始も働かなくてはいけない可能性も大ですね。
      ビルメンは休日数125日というのは少ないですが大体平均105日程度くらいは休みがあります。
      基準をそれくらいに考えて頂いて探して頂けると平均的な現場に当たると思います。

  3. これからビルメン より:

    返信ありがとうございます。125日の求人は少ないんですね。105が普通ですか。ありがとうございます。浄水場が120日で募集していました。できれば120日でさがしたいと思っています。今、シフトで週休2日制で働いていますが正月、盆などがありません。もっと休みの多いところで働きたいと思っています。