現場のやり方に文句を言うなら

正しいことを言ってても駄目

正論を言い続ければ良い、と思っている方はある程度年齢を重ねている人には存在しないと思います。

しかしビルメンは変わり者が多く「俺は正しいことを言っている。周りがおかしい。」と言い続ける人も居ます。

それ自体は悪いことではないですが…最後は大体俺が正しいと言っている人間の方が追い出されてますね。

職場を変えたいなら

わたしの知り合いにもそういう人間が居ました。

「俺は正しいことをし、オーナーさんの立場に立ってる。契約どおりに仕事を進めてる。周りが非協力的。おかしい。」

彼は正しいですし、わたしも彼が間違っているとは思いません。その事は別にいいのです。

大前提としてビルメンは流れ者の仕事なのです。

その前のキャリアなんて人それぞれですし、知識や技能のレベルも差が有りすぎるくらいあります。

やる気も様々です。自分はもう終わっている、と考えている人は働く意欲も低いでしょう。

わたしなら「この職場はやる気がない人ばかり」と思った場合はその人達に合わせます。

低い温度の所に高い温度…熱いなコイツ!というような人が来ても混乱するだけです。漫画のようにはいきません。

いい加減な職場ならそれで回っていた筈ですし、変に混ぜる必要はありません。もし本当に駄目なら契約を切られて現場が無くなっています。

そして…本当にこの職場を変えたい!良くしたい!と思っているとしたら話は簡単です。

「責任者」になればいいのです。

責任者になったら自分の方針で現場を作っていくことが出来ます。

やる気のない人を他の現場に飛ばして、知識技能両方持ち合わせている人を自分の面接で採る事も可能でしょう。

前述した「俺は正しい」とのたまう知り合いもわたしが

「じゃあ責任者になって現場を仕切って自分の思う職場に変えたら。」と言うと

「そこまではやりたくない。下っ端の方がいい。」と言うのです。

なんじゃそりゃ、という感じです。

覚悟のない言葉を吐いていて、しょうもないです。それなら職場の方針なんて最初から物申さなければいいのです。

「いい加減」だと思っているその方針は今の責任者の方針なのです。

だから本当におかしいと思うなら自分が変えてやる!それくらいの覚悟もないのに外野からゴチャゴチャ言うのはお門違いです。

ともかく上手くやりましょう

当然と言いますか「俺は正しい」と言っていた知り合い、衝突しまくって職場を辞めることになりました。

未だにその職場に文句を言っています。

皆さんは新しく入った職場でこんな馬鹿な振る舞いはしないと思います。

流れ者ばかりの中でこだわりなんて持たないようにし、とにかく上手くやっていきましょう。

新卒からずっと働いていてやる気ベクトルが同じ方向の人たちばっかりではないのです。無用の衝突は避けて長いビルメン生活を続けていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする