ビル管も必須かも

建築物環境衛生管理技術者 とかいう長い名前の資格

これこそ長く働ける資格代表 ビル管

 このブログでは管理人が電験がとにかく欲しいので電験電験うるさいですがビル管もすごく需要がある資格です。

一つのビルに1人の名義が必要なのでビル管理法に縛られるある程度の大きさのビル(3000平米だったかな?)には必ず置かないといけないのです。たとえ防災センターが無くても。

とりあえず会社に在籍させて置きさえすれば会社は損はしない訳ですよ。お客さんのビルで名義が必要になったら社員から借りればいいので。

だから建物だらけの東京では特に必要でビル管持ってる、って言えば採用だっていう会社も多いです。

この資格は試験を受けなくても取れる抜け道がある

そんな便利そうな資格であるビル管ですが、講習で取れるんですね。ただし1ヶ月毎日通ってお金も10万ちょい取られます。

ビル管講習の受講資格は結構厳しくて工学系の大学を出て2年の実務経験、高卒だったら5年と長かったような気がします。

試験を受けるのも必ず2年の経験が必要で、この経験には学歴は関係ありません。必ず2年で受験資格が貰えます。

たまに「未経験オッケー」って書いてある求人で「ビル管必須」って書いてある求人がありますがアホです。ビル管は一定の経験が無いと取得できないからです。

いい加減な会社を見分けるフィルターになってる訳ですね。

どれくらい難しい試験なの?

受けた人はみんな一様に「電験よりは楽だよ」って言いますね。

問題数180問で午前と午後に分かれていて、科目合格なんてない一発勝負です。ただ5肢択一のマークシートですからマグレもあるかもしれません。

わたしの後輩も受けてましたが3年くらいかかってました。大体、落ちる時は2,3点足りなくて落ちるみたいですね。

後輩は晩酌しながら勉強してたみたいですが、難度が毎年かなり変わるので簡単な年に受かっていました。優しい、難しいが交互に来るようです。

受験代も1万3500円だか取られて結構痛いです。会社が受験費用出してくれる場合もあるので社内規定をよく調べましょう。

取れれば、祝い金や資格手当が出るくらいビルメン会社には必要な資格なので2年の経験を積んだら早めに取得したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする