【2017年版】 最新 ビルメンランキング 旧版偏差値70から69

はい 第3回です

ものすごメンドイです。はい、ものすご、です。ものすごくでなく。まだ3回目なのにね。

それくらいメンドイですね。つーか会社多すぎ…。作業的にはメンドイだけで文章を書くのは楽です。データをまとめてるだけなので。

愚痴はこれくらいにして第3回行ってみようと思います。

2016-09-20_21h52_28

画像は旧ランキングです。このキャプション付けるの忘れてました(´・ω・`)

偏差値70の会社

野村ビルマネジメント(現野村不動産パートナーズ):売上高760億、純益38億。2014年から現社名。

HPの採用情報では設備管理員は嘱託職員からスタートのようだ。入社から3ヶ月経過後に額面が22万ほどになるので東京だと待遇は普通のビルメンである。

正社員になることが出来ればそれなりの給与になると思われるが、管理人の経験上不動産会社直下の設備管理会社は仕事が非常に厳しい。マッタリを求めていくと失敗すると思われる。

安田ビルマネジメント(現明治安田ビルマネジメント):驚いた事にHPが存在しない。明治安田生命が親会社なので待遇は悪くないと思われるが…。

普通に探すとデータが見つからない所を考えるに設備管理員は雇用しておらず、本体はマネジメントのみで設備管理は外注しているのかもしれない(三井不動産ビルマネジメントと同じ形態)。

よって新ランキングでは除外が妥当と考えられる。

東京不動産管理:売上高230億、純益不明。HPにアクセスするとトップに防災センターの画像が出てくる辺り設備管理業が事業の中核。

中途採用のページも普通にあって高齢ビルメンでも敷居はそんなに高くないと思われる。ただ「不動産会社子会社の法則」が当てはまるなら仕事は厳しい。

ランキング的にはこの下に位置する会社の方が売上高等上だったりするので順位の入れ替わりが発生する。少し下になるかもしれない。

偏差値69の会社

藤和コミュニティ(現三菱地所コミュニティ):藤和コミュニティの社名があったのは2006年まででこれだけでも旧ビルメンランキングが如何に古いものか分かる。合併を経て2011年から現社名。

売上高350億、純益14億。中途採用者数が70名と多いが、ここは防災センターに詰める設備管理員を募集していない。マンションのリニューアル提案や設備工事が出来る人間が欲しいようだ。

若くて建築に詳しい人なら応募もありだが、訓練校出の一般ビルメンには無縁。採用に関係はないがランキングの位置はこの辺りが妥当と思われる。新ランキングで入るかどうかは微妙。

日本空調サービス:東証一部上場(4658)。売上高430億、純益9億。

HPを見ると一応設備員も雇用していますという感じではあるが、あまり力を入れてないと見受けられる。採用もHPに載っている限りでは新卒オンリーのようだ。

よって新ビルメンランキングでは除外させてもらうかもしれない。他の情報があればコメント欄が教えて頂ければと助かる。

住友不動産サービス(現住友不動産建物サービス):売上高380億…はいいのだが、この会社も不動産仲介がメインの会社で設備管理の会社ではほぼない。資格保有者欄も管理業務主任者や宅建ばかり載っていて電工や電験の事は記載されていない。

HPに中途採用のページがあるにはあるが、内容はマンションの管理員である。待遇は嘱託職員。新ランキングでは記載はしないほうが良い気がする。

大星ビル管理:偏差値69の会社の中で唯一設備管理がメインの会社。売上高350億、純益5億。

新卒はほぼ取らず、中途採用オンリーの会社だが設備管理員の採用年齢上限は30歳まで。非常に厳しい。販売先に日本生命や大林ファシリティーズなどが入っている。

また星光ビル管理と株の持ち合いをしており関係が深いようだ。大星は東日本、星光は西日本の日本生命のビルを管理していることが多い。

大型施設を管理している事が多く、若い人材が欲しい理由も分かる。訓練校上がりの高齢低スキルビルメンには無関係な会社。会社の規模的に新ランキングでも高位が予想される。

偏差値70から69 まとめ

元々2chのコピペであるビルメンランキングですが、ビルメンテナンスの会社の規模ランキングだったのですね。文字通り読み取ればその通り当然と言えば当然ですが…。

それだとビルメンスレに貼る意味がないですよね?初めての人が設備管理員が入りやすいかどうかを読み取るランキングだと思って見る訳ですから。

会社の大小だけ判断するようなランキングをビルメンスレに貼ってはあまり意味がないのではないかと。

設備管理雇用に絞って考えると偏差値70台は2つ、偏差値69の会社に至っては1つしか該当する会社はないようです。

もちろん管理人のリサーチ不足かもしれませんので、有力な情報があれば教えて下さい。お待ちしています。

それでは第3回も終了です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 地方ビルメン より:

    初めまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
    偏差値69の日本空調サービスですが、設備管理は公立病院メインです。設備管理と空調メンテのセットで受注するスタイルがメインの会社です。病院の特殊空調のメンテや更新が金になるらしいです。私が在籍時の社長の言葉では、建築費200億のビルも解体迄のメンテ費用は800億とかで、細く長くがモットーだとか。設備管理の給与は平の280万から所長だと400万円ほど。確定拠出年金制度もあります。給与はそこそこですが居心地は良く、ズルズル続けて気がついたら定年という方が多いです。また、若くて出来る人は空調メンテに引き抜きもあります。
    また、全国に子会社があり、そこがまた気楽な社風の所が多いです。まあ、空調メンテマンは地獄ですが、設備員は居心地良いです。私は地方子会社の元社員ですが、毎年の社員旅行や忘年会など良い意味で昭和の雰囲気があります。在籍9年で海外旅行も4回ありました。無茶な転勤を言われ、家族の事情で退職し、地元ビルメン会社に転職。現在、官公庁一人現場で働いてますが、出来れば定年迄居たかった会社でした。
    本社の設備員は契約からのスタートが多いですが、地方子会社は、50歳以下なら正社員採用が多いようです。長文失礼しました。

    • biruman より:

      >地方ビルメンさん
      コメントありがとうございます。

      最近は元社員のかたのコメントが多くなりありがたい限りです。
      やはり本などで調べたのとでは情報の厚さが違いますね。

      設備管理の仕事で定年までいられるというのは相当良い会社ですね。
      普通は長くても4年か5年くらいで辞めてしまいますから…。
      長く勤められる会社を探していきたいものです。

  2. 地方ビルメン より:

    先程投稿したものです。メルアドを書き忘れましたので、再送します。