設備管理とかビルメンへの転職

ビルメンへの転職… レールの外側です

結構年齢を重ねてビルメンになろうかな、という方は多いです。

40代、50代…で仕事を変わろうという人たちを沢山見てきました。

ある人はリストラだったり、ある人は勤めていた会社が無くなったり…何らかの理由で自分のキャリア変換を余儀なくされた人がビルメンの世界にやってきます。

わたしもその1人です。前職は全く違う仕事でした。手先も器用でないし気も人並みにしか利かないので苦労しています。

そんなわたしでも、かろうじて人並みにご飯を食べています。年齢や前職にあまり関係なく仕事に就くことが出来る設備管理の仕事に感謝しています。

職業訓練校が一番の近道かも?

仕事を変わると決めて、いち早くビルメンの仕事に就くには職業訓練校に行くのが良いですね。

設備の事が少しだけ分かります。そして資格を取る場合に学校のバックアップがあります。

資格で一番大事なのは電気工事士2種ですね。電気がない現場というのは有り得ません。求人もこれが必須の所が多いです。

入校する前、した後も電工2種を目標に勉強するのがいいと思います。筆記は計算問題も少なく受かりやすいですが、実技試験がありこれで落ちる方が多いです。

多くの訓練校では入校時期は4月と10月になっています。半年間の訓練ですね。地域によって一部1月と6月もありますし、3ヶ月の短期訓練の場合もあります。

短期訓練の場合は、時期的に電工2種の試験時期と重ならず、学校に居ながら試験が受けられないため、入校している間に取れない場合もあります。

その場合は自分で勉強して取らなければいけないかもしれません。卒後に資格取得する場合に学校側のフォローがどうなっているか入校前に調べておきましょう。

ビルメンになる、と決めた場合には自分の年齢やキャリアも考えあわせた上で訓練校の事を調べて入校時期を決めましょう。

細く長く働ける業界です。そんなに気張らず、あとの人生は如何に楽しく過ごすかだけを考えて貴方もビルメンを目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする