ビルメン会社は上場していても給料が安い

ビルメンが給料が安いのは色んな理由がありますね。

いつも書いていますが特に何も生み出さないセクションなので「これでもか」ってくらいお金を削られます。

それにお客さんから「これだけの金でやれ」と言われて逆らえるほどのブランドを持っている会社もありません。

基本的に誰にでも出来ることをやっているからです。

余談ですが、清掃ありますよね?たとえば床清掃だとバブルの頃と比べると平米あたりの単価は3分の1になっています。

昔のオーム社の『新電気』や電気書院の『電気計算』なんかの学習アシスト誌のうしろのほうを見ると求人広告が沢山あります。給与もいいです。

国会図書館などで読めると思いますのでお近くの方は確認されてみてください。驚きますよ。

改めて不景気を実感する話になってしまいました。

平均年収ワースト?

でいつものやつです。

平均年収「全国ワースト500社」ランキング

これ。1位から50位くらいまでに既にビルメン会社が数社ランクインしてます。

6位の日本ハウズイング。正確に言うとビルメン会社ではなくてマンション管理会社なのですが(よってビルメンランキングにも入っていません)300万を切っています。

求人を見ると分かるんですけどもマンション管理の仕事というのは薄給ですね。主にパートさんを雇用しているので仕方ない面もあります。

平均年齢も高いので定年後のかたも居ると思います。もし現役で勤められているなら…東京で300万円を切る生活は大変だと思います。

28位は我らが日本管財。

数年前には東証一部で一番給与が安いというデータもありました。

こちらも平均年齢は高めの52歳です。しかし日本ハウズイングさんと違ってこちらは完全にビルメン会社でよく募集もしています。

ダンピングの煽りをまともに喰らっているはずで従業員の方はお疲れさまとしか言いようがありません。

その他ビルメンランキングでも名前のある会社が100位以内にもボツボツ入っています。

ビルメン会社の仕事は付加価値が付きづらい

清掃や設備の仕事は誰でも出来ますし、設備のほうは各種免状免許が要ると言っても最後は外注になってしまうのでやっぱりどこに頼んでも同じです。

会社が仕事で利益をあげるのに必要な「付加価値」がつきづらいのです。誰にでも出来るのですから当然です。

オーナーさんたちが仕事を頼む時、ビルメン会社を選ぶのに「ここは上場しているから」などという選び方をすることはありません。安ければそちらを選びます。

なのでどんどんダンピングされて今の状況になっているのです。これはもう決して挽回出来ないようになっていますので独立系ビルメン会社の暗黒時代はこれからもずっと続きます。

ではどうすればいいのかというと、勿論系列系のビルメン会社でもいいのですが、一番良いのは直接雇用を狙うのです。

大学や銀行や変わったところでは神社など、その他資格要件がありますが公務員なども欠員次第で設備管理の仕事があります。

一般のコネもツテもないひとが上手く立ち回るためには、最初は薄給独立系に入社したとしても資格を取り続けて爪や牙を研いでおくことです。

「ああ、この資格があれば応募できるのに」

という時がありますが本当に悔しい思いをします。

ですから楽で、高給な職場など夢だと思われるかもしれませんが努力を続けてみましょう。

意外な時に意外な場面でそういう機会が訪れることがありますので…。

人が見たらツマラナイと思われてしまうようなことをやり続けること。

それが一番大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. NNN より:

    こんばんは〜

    ビル万さんが書いたのとは逆の記事を上げてみました
    http://blog.livedoor.jp/nnn1229/

    ビルメン(ビル管理)ブログとしては 太陽と月 のような関係で切磋琢磨していけたらいいなと思っています
    (もちろんビル万さんが太陽ですね!)

    • biruman より:

      >NNNさん
      コメントありがとうございます。

      そんな大したことは書いてないんですが…。
      最近はコメント頂く事も多くてありがたい限りです。

      まだ記事は未読ですが良い会社には入る前提として
      東京に居住することが必要な気もします。
      地方はやはり駄目ですね。