「もう俺はダメだ…」 ビルメンがありまぁす(^q^)

右を見ても左を見てもネガな意見が跋扈するネット。
実際に見た本当のビルメン就職情報をお教えします。

「35歳まで仕事したことない…」 ←関係ないから

このレベルなら正直関係ないですね。

もうちょっと年齢が行くと交通誘導警備辺りからやり直しになりますけど。いっとき社会人経験積んだなら「人生をやり直したいんです」って面接で言えばイナフです。

コミュ力がない、なんて言ってるのもですね、現場のキ◯ガイレベルの人と親和性あっていいと思いますよ。

電話取れない、対応できないなんて普通ですからね。メモしてお客さんの電話番号が聞ければいいんですよ。

あとで折り返し掛けますってやればいいのにそれすら出来ない人が沢山居ますからね。

60歳でも大・丈・夫

ネガティブに考えたらキリがないんですよ。はっきり言って就活なんてイケイケドンドンじゃないですか。

慎重にならなければいけない理由が思い浮かばない。お金が欲しい、生活を安定させたいというので仕事を探すわけですから。

系列系の現場に入ってる派遣の人は60歳で初めてビルメンの仕事に就いた人も沢山居ますよ。そこからビル管の資格取って75歳まで働くぞ、って。そんな人沢山見ましたよ。

もう年金だってアテにならないんですから働くしか無いんですよ。もうあと10年もしたら「80歳から支給します(^q^)」ってなりますからね。

年金支給が伸びたら普通に60歳で定年したならもうお金貰えないって事ですからね。

細く長く働けるビルメンに来るのは当然ですよ。みんな不安ですからね。

まとめ とにかく訓練校行って就活

リストラが怖い、仕事がない、一生バイト並みの生活なのか…。

そんな不安は幻ですよ。幻に怯えるよりまずは訓練校のドアを叩きましょう。

そこから幻じゃないリアル、現実が見えて来ますよ。

「なんだ、大したことない。」というのが感想だと思いますよ。

ビルメンなんて最下層なんだから堕ちるも上がるもないんですよ。過半の人間は誰でも出来る検針くらいしかやってないし、工具の名前すら分からないんですから。

むしろ向上心のある人の方が会社としては助かる筈ですよ。現場の空気はヨドんでますからね。

考えるよりまずはスーツ姿の写真でも取って訓練校行くか、未経験でハロワ検索するかどちらかにした方が絶対捗りますから。

ビルメンイコール大したことない、でイナフです。バンバン就活しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする