やっとご紹介できる電験3種の講座

広告をみるたびに「良さそうだな」と思ってはいましたが

その講座とは「SATの電験3種講座」です。

電験の初学者であれば当初の指針にできる

学習を始めた当初から使って頂いたほうがいいと思います。動画を使った勉強は導入部で非常に効果的だからです。

勉強するときに、動画までは言わずとも音声など五感に訴えて進めていったほうがいいのは私も分かっていました。

記憶の残り方が違います。初学者なら尚更です。

あるブログで

「参考書を自分で声を出して読んでICレコーダーに吹き込んでそれを聞いていた。」

というやり方があり、私もICレコーダーを購入しました。

ですが当然というかレコーダーに音声吹き込みは面倒くさくてやりませんでした。

自分でやると非常に面倒です。時間が掛かる上に参考書を読んでいるだけでは要点がまとめられません。

SATの講座を知ったのは28年度に最後の理論の試験を受けるちょっと前だったので

「あー、最初から知ってればな。」

と思ったものでした。

動画の講義を全て担当されているのはSATの毛馬内先生です。

ちょっと低めの声で聞きとりやすい気がします。

ただ、講師の話し方、雰囲気は合う合わないありますので上の動画で確認して頂ければと思います。

短い動画でダメな場合は長い本編DVD、スマホの動画、どちらもとても着いていけないですから。

どんなことでも最初の導入が大切ですから、講義を聞いてみて「続けられそうだ」と思われるのであれば試しに受講してみるか、という感じで受けてみてください。

また、移動中にスマホでも講義を繰り返し聞く事ができて脳に残りやすいこと必至です。

申し込まれた場合、こちらもお試しの範囲内で是非視聴してみてください。

紹介しようと思った理由 「お試しができるから」

「動画の講座を試しに受講だなんてできないだろ。」

と思われるかもしれません。

しかしSATの講座はできるんです。

これが私がオススメしたい理由でもあります。勉強の指針になるか試せるからです。

公式ページに記載してあるように返金の条件はありますがDVD最初の1枚を視聴してみて合う合わないを決めることができます(SAT公式ページより:下の画像参照)。

上の画像でいくつかある返金条件で特に気を付けないといけないのは

到着から30日以内。

DVDは一枚なら視聴してよい。

スマホでのEラーニングは2講座までなら受講しても返金OKだが3講座以上だとダメ。

などがありますが、教材が届いたあと自分に合うか試してみるというのであればこれで十分ではないでしょうか?

保証としては「30日以内返金保証」の他に

「不合格時2年目の教材無料(送料等負担あり)」、「DVDなどの汚損を購入から2年間保証」があります。

が、やはり「試して自分に合わなければ返金できる」というのが一番大きいですね。

逆にいうと、SATさんの自信の表れではないかと思います。

「返品されるようないい加減な講座は作っていない」ということでしょうね。

回り道をしなくて済む

電験は、取得するのは早ければ早いほどいいのです。

このブログで何度か紹介している「電気管理技術者」になるには電験3種を取得した後に5年間の経験が必要になります。

まず取得して、仕事を始めてそれから経験のカウントが始まります。

また電気管理技術者にならなくても転職の条件、昇給昇進などでも電験があるだけで全く違うものが相手から引き出せます。

転職先の会社の人事担当者にしても、今現在所属している会社の上司にしてもあなたが電験を持っている、ということであれば対応を変えるしか無いわけです。

また東京で働くのであれば未経験でも持っているだけで年収400万スタートだったりします。もっと良い条件の場合もあります。

働く場所は巡り合わせではありますが、電験はより良い条件で働くための必須アイテムです。

…もっと言うと電験を持っていれば一般的なビルメンの会社であれば馬鹿にされません。

入社してすぐに副責任者くらいの扱いになると思いますし、近い将来に責任者になるでしょうね。

あなたが今どんな立場であっても電験を取得した途端に逆転できます。

とはいえ、私の個人的な考えですがやはり電気管理技術者が一番魅力的ではあります。

電気管理技術者は自分で請負でやるわけですから責任は軽くはありませんが「会社員ではない働き方」というのはなかなかできませんので。収入も悪くはありません。

ただどの未来にしても電験を取得することから始まるわけです。

講座が自分に合う、ということが確認できたなら初学者であるなら始めたばかりの学習のブーストになりますし、勉強の経験がある方ならやってきた学習の整理になるでしょう。

是非公式ページで内容を確認して頂いてご自分で受講されるか決めてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする