職業病

ビルメンやってると大型施設が素直に楽しめなくなりますよね。

あちらこちらに目がいく

近所に大型商業施設が出来た、というので行ってみたりするとエスカレーターの途中に変な方向を向いた間接照明があったりします。

そういうのを見ると「これ交換する時どうしてるのかな…」となってしまいます。

主に高所の作業が絡むであろうものは気になってしまいますね。自分が高所作業苦手なのもありますけど。

ここには脚立立たないだろうけどなあ、どうするのかなって。

管理の仕方も気になりますね。

こないだエスカレーター上でガラス製品を割ったお客さんが居ました。

当然、エスカレーターの機械の中にガラス片が入っていくと思うのでどうするのかなと思っていたらそこでは掃除してそのまま使っていました。

エスカレーターって停まってる間は階段として使えないのですごく不便なんですよね。

だからすぐ動かしたい気持ちは分かりますが…自分だったら業者を呼んで点検してもらってそれから運転するかなあ、なんて考えたり…。

何かトラブルがあってどう対応した方がいいというのは各建物にマニュアルなりノウハウの蓄積なりあると思うので部外者がどうこう言う話ではないんですけどね^^;

普段は適当な仕事のくせに詳細が気になるROGAIなりかけおじさんのお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする