【若い人限定】ビルメン以外にも仕事を模索しよう

ビルメンは年を取った人の最後の砦です

嫌なジジイと一緒に奈落の底へ…

わたしの様な年齢になれば偏屈なジイさんと一緒に防災センターで朽ち果てていくのもオッケーなのですが、30代前半くらいの方にはオススメしません。

内容的に前の記事と少し被るのですが「もし自分が若かったらこうしたいな」というのがありますので書いていきたいと思います。

キャリアをきちんと積み重ねる事が出来る仕事にしよう

「これで一生食べていくぞ」という仕事にはなかなか出会えませんよね。

ですがそれは周りに教えてくれる人が居ないからだと思います。出会いがないと選択肢は増えないものです。

わたしもキュービクルの点検でご飯を食べているというコミュ障のおじさんに会わなければ電験の勉強はしてなかったと思います。

将来追い詰められて仕事の事を考える時に年齢的に既に手遅れになっている場合もあります。

若い時であるならば、たとえ現場仕事でもわざわざ最初からビルメンを選ぶことはないです。

キャリアを積み重ねられてあまりキツくない現場仕事なら機械修理です。

それも電気機器、シーケンスや空調機の修理などがお金も高くすごくオススメしたいですね。

勿論現場に機械を設置しないといけない場合もありますので楽な場合だけでないかもしれません。

しかし永遠に薄給で何も産まないビルメン仕事よりは機械の事も理解できて(理解できて実践出来ないと仕事になりませんが)給与も高い電気機器関連の仕事が良いと思います。

旧ビルメンランキングで上位であった三菱電機ビルテクノサービスも業務用冷凍冷蔵庫の修理でよく求人を掛けています。

これらの求人は最初から年収が大体450万ほどあります。全くの未経験では行けませんので最初にどこか未経験で入社出来る所をハローワークなどで探して経験を積みましょう。

最初からビルメンでは結婚も持ち家も諦めなくてはいけません。若い方には夢があった方が良いと思いますのでいきなりビルメンは止めておいた方が無難です。

電気機器の仕事の探し方

ハローワークインターネットで「計装 PLC」などのワードで検索してみましょう。

未経験OKの職場も沢山あります。年齢不問の所も多いですが上限は35歳未満ですね。面接で電気工事士2種を持っている事を言えば喜んでもらえると思います。

キャリアを積み、設計などの上流に行ければ末永く高い給与で働けます。ですので現在働きながらでも有給休暇を使って面接を受ける価値はあると思います。

まとめ

折角自分の時間を売って働くのであれば夢が無いよりあった方がいいですよね。

ビルメンは最後の砦にしましょう。仕事でトイレの詰まりを直すのは完全に行き場がなくなってからでも遅くはありません。

給与が高く、キャリアの積み重ねの出来る求人があれば是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする